ストーリーストーリー

それぞれの想いを胸に6つのDJユニットが 新たに目指す伝説のフェスとは……!?それぞれの想いを胸に6つのDJユニットが 新たに目指す伝説のフェスとは……!?

いつもハッピー!「Happy Around!」
ストイックな王者!「Peaky P-key」
星空を彩る光!「Photon Maiden」
人生は楽しむためにある!「Merm4id」
今宵も紡ぐは彼女たちの物語!「燐舞曲」
愛らしさ説明不要!「Lyrical Lily」

彼女たちのまだ見ぬ一面(?)に出会えるガールズDJコメディが、いま始まる!

場面写

#16Photon Maidenのギャラクティカ東京探訪

場面写

紗乃Pから突然のオフをもらったPhoton Maiden。 乙和の提案で咲姫を東京案内に連れていくことに。 みんなと景色を巡り、重なり合っていく4人の絆。 それはきっと、宇宙にも届くはず……!

場面写

#15おひとりさまホリデー

場面写

最高のパフォーマンスのためには休息も必要だよね! と、たまにはメンバーと離れて一人で街に出た響子。 そんな彼女に訪れるPeakyな奇跡の数々……

場面写

#14麗の新たなる挑戦

場面写

「なんか物足りないなあ」と、再び思い悩む真秀。 そこで、新しい楽器へのチャレンジを申し出る麗。 ハピアラの新たなる可能性の扉が今!開かれる…?

場面写

#13夢への試練

場面写

ヘイ!ヘイ!ヘイ!U4 FES.出場予選がついに開幕!  選ばれしDJユニットたちに課せられる数々の試練! りんくたちは無事予選を突破できるのか!?

場面写

#12にょちおとむに

場面写

「この学園で一番かわいいって言われるにはどうしたらいいの~!?」 悩めるむにちゃんのかわいさを引き出すため! 立ち上がったハイパー敏腕プロデューサー! その名は、にょちお!(ぷいぷい!)

場面写

#11せんとうパーティー

場面写

大鳴門むには運命に導かれ、未踏の地を訪れる。 そこで待ち受けていた犬寄しのぶの案内により、 むには多くの仲間と出会い、冒険を進めていく。 その先で彼女たちを待ち受けているものとは……

場面写

#10歌声♡ひみつ会議

場面写

「イイ声出すための情報交換しよ♪」 りんくのそんな呼びかけで集まった面々が 持ち寄ったアイテムにはある共通点が。 「私に任せて!」そこに愛莉も参戦し……

場面写

#09筋肉少女の仁義なき戦い〜中野私闘篇〜

場面写

DJプレイに必要なもの、それは筋肉! パフォーマンスに必要なもの、それは筋肉! フェスを盛り上げるために必要なもの、それは筋肉! 負けられない戦いが、いま始まる――

場面写

#08幻への道

場面写

「あれ?何か大事なこと忘れてない?」 幻のフェスへの申し込みをすっかり忘れていたハピアラの4人。 どどどどどどうしよう!? そもそもどうやって申し込めば……誰か教えて~!

場面写

#07召しませリリリリ♪ご機嫌おやつ

場面写

私たちLyrical Lilyは今日も花咲く有栖川学院の庭園で 優雅にアフタヌーンティーを……と思っていたら、 満面の笑みで胡桃ちゃんが持ってきたのは、ダガシ? あれもこれも見たことない!みんなで食べてみよ~♪

場面写

#06燐舞曲の悪夢

場面写

最近どうにも夢見が悪い、と溜め息をつく渚。 緋彩はストレスが悪夢を見せていると説明する。 このままだと燐舞曲の活動にも支障が……!? 「みんな、お願い!アタシを助けて~!!」

場面写

#05テンアゲ!Merm4idリモート会議

場面写

ウェ~イ!第1回Merm4idリモート会議!! ライブの打ち合わせでメンバーを集めたさおりは いつも以上に自由な面々をまとめられるのか…… 頑張れ、さおり!負けるな、さおり!

場面写

#04Photon Maidenのコズミック色診断

場面写

Photon Maidenの咲姫は、音に色彩を感じる共感覚の持ち主。 乙和に請われ、メンバーたちの音の「色」を見ることになるが、 果たして彼女の目にはどんな色が視えているのか……?

場面写

#03ピキピキのドキドキ!替え玉大作戦

場面写

とどまるところを知らないPeaky P-keyの人気。 それは学外へも広がり、メディアが殺到! 嬉しいけどこれじゃ練習もままならない……。 その時、絵空が提案したアイデアとは!? 「こうなったら…私に任せて!」

場面写

#02ハッピーダンスで ウッ!ハッ!ウッ!ハッ!

場面写

私たちに足りないものって何だろう? 自分達の力不足を憂い、メンバーに問う真秀。 その切なる問いにハッピーアラウンドが、 もとい、りんくが導き足した結論とは……!

場面写

#01彼方からの招待状

場面写

「あの日のことを、私たちは忘れない――」 いつものように練習しようと集まっているハピアラ。 そこに遅れてやってきたりんくが手にしていたのは、 百年に一度開催される《幻のフェス》への招待状だった……。